Marble(大理石) 仕上げの額縁

マーブル(大理石)仕上げの額縁にチャレンジしている生徒さん達が、なかなか上手く仕上がらず 苦戦されているので、新しい違う方法でサンプルを作ってみました。(上の写真)
今迄は、下地ができた額の上に絵の具を流し動かしながらマーブル模様を作る方法でお教えしていましたが、かなり偶然性に左右され、又いじり過ぎて模様をダメにしてしまう失敗もあったので、今回は、細い筆で描きこむ技法に変えて皆さんにお教えしています。

ヨーロッパは大理石模様の見本がアチコチにあり、今回の旅行中はそれがもう気になって・・・気になって・・(笑) しかたありませんでした。
上の写真はロンドンのV&Aミュージアムの玄関を入ってすぐ左側壁面。グレー系の大理石。こちらは、ロイヤルアカデミーオブアーツの階段の柱。茶系の大理石です。
パリのメゾンエオブジェの会場ではパネル板に大理石模様を描いた作品を展示している女性アーティストDelphine Nenyさんに出会いました。すばらしいテクニックに感激!!お願いしたら、快く写真を撮らせて下さいました。下の写真です。まずはビックリしてください・・・本物の大理石みたいでしょ!!右の板は全く平らですが、凹凸があるように見えます。
精密な描写で実物と見間違うような効果を出すもの「だまし絵」をフランス語で trompe-l’oeil と言います。「あーダマされちゃった!」と笑顔になり、そこから会話も生まれる・・・
そんなユーモアのセンスに成熟した文化を感じます。
デコラティブペイントアーティストDelphie Nenyさんのサイトはこちらです。
www.delphineneny.fr

vivid color の額縁

アンティ‐ク風な感じも好きなのですが、明るい色でモダンなタイプの額縁を作ってみたくなり
上の写真の額縁が仕上がりました。 きれいな色のものを作っている時は、眼と指先から脳へ
信号が伝わるのかな?気持ちも明るくなります。
グリーンの額縁には、昨年ロンドンのV&Aミュージアムでヨージ・ヤマモト展を見た時に売っていたノートを入れてみました。ちょっと皮肉っぽいヨージさんの言葉と潔いほどシンプルな書体が、カッコイイと思って買ったノートです。
ブルーの額縁にはパティ・スミスの写真集を合わせてみました。この本もとてもステキです。
これらの額もNordic Gardenの展示会に並びます。

 

額縁+Fillet

昨年、展覧会をさせていただいた広島のMANOS GARDENのお客様から
タイルを入れる額のご注文をいただきました。
リピーターのお客様からのオーダーはとても嬉しいものです。
送られてきたタイルは、フェルメールの絵柄のものでしたので、
あれこれ 色々考えて・・・3種類の額縁の ご提案をさせて頂きました。
フィレを入れると額縁がグッとクラシックな雰囲気になるので、私の今回の一押しはフィレ付きの額縁でしたが、3種の提案の中からお客様もそれを選んで下さいました。 仕上がったのが上の額縁です。タイルの絵柄の中の窓枠と似たフィレを選び、
女性のドレスの 黄色に合わせてゴールドのフィレにしたところ、
ピッタリ納まったように思います。お客様も喜んで下さったとの事・・・ホッとしました。

ボタニカルアート(植物画)にもフィレを入れた額は良く合います。フィレの種類は沢山ありますが、
マットのゴールドのラインとお揃いに、金の粒つぶのフィレを使用したのが左の写真です。

 

 

 

 

アンティーク木目仕上げの額縁

10月に展示会をさせていただく大阪のNordic Gardenさんにサンプルを送るために
久しぶりにアンティーク木目仕上げの額を 作りました。
デンマーク手工芸ギルドの刺繍材料の販売とお教室もされているので、出来上がった
刺繍作品を入れるための額縁のご相談をよく受けるそうです。
それで以前雑誌「ミセス」に出た私の記事を覚えていて下さり、
今回の展示会の依頼を して下さいました。
どんな額に入れたら作品がステキにみえるのだろう・・・?
いろいろ考えて7点の額縁を(前回ブログにのせた白い額縁アンティーク風も)
サンプルとしてお届けしてあります。
大阪梅田ブリーゼブリーゼ内のNordic Gardenに展示されていますので
お立ち寄りの際はどうぞご覧ください。

 

白い額縁・アンティーク風

白い額縁を写真に撮るのはとても難しいといつも思います。
中間の微妙なトーンがとんでしまい、味もそっけもない額縁に撮れてしまうのです。
撮る場所をかえて色々試してみたら、少し実物に近いかな? と思える写真に・・・
今、教室でこの額を作られている人が 多いのでアップしました。
オフホワイトの下地にバーントアンバーとゴールドを塗り、内側のフチのみ少しだけ見えるように擦りだしています。磨きすぎないでマットな仕上げにする事がポイントです。
そうすると、手作りならではの、ふっくらした質感の額縁になります。
汚しの加減は好みですが、汚しすぎてしまっても心配いりません。
上からもう一度オフホワイトを少し塗りながら微調整して直してみてください。

アンティークつや仕上げの額縁

古いイギリスのアンティークの箱を見ながら、こんな感じの額が
作れるといいなぁ・・・と思い、試行錯誤してうまれたのがこの額です。
もう10年以上も前のはなしです。
それから、ずっと作り続けフレームレシピ定番の額になりました。
同じ作り方をしても、棹の形をかえると雰囲気が変わるので
2種類の写真をアップします。
額の横に参考にしたアンティークの箱も置いてあります。

作るポイントは、染めがムラにならないようにすること。
初めて作る生徒さんはその点が難しいらしく、皆さん悲鳴を(笑)あげられます。
この額が上手に作りたい人は、練習あるのみ・・・
何枚か作ると、手がコツを覚えるせいか上達します。
ブログを始めて1年が経ちました。
読んで下さっている皆様ありがとうございます。
これからも手作りの額縁に関する情報や私の見たもの、感じた事・・・
沢山お届けしたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

夏色のフレーム

夏が近づくと、教室でも皆さんが作られる額縁の色がブルー系やオフホワイトなどに
変わっていきます。 インテリアにも季節感を取り入れるのは、楽しく、素敵なことですね・・・
この写真の額は、少し濃いめのブルーグレイを下地に塗り、さらに白を足して淡くした
ブルーグレイをその上に塗り、2色すり出し技法で作っています。
よごしは、限りなく白に近いグレイの顔料で少し施しています。
色の調合と、下地の色をどの位見せるか?そこがポイント・・・
私のサンプルを見ながら作られても、皆さんの出来上がりは少しずつ違います。
世界に一つの額縁・・・手作り額の醍醐味です。

(アトリエからのおしらせ)
7月28日(土)のレッスンが終了すると8月は1か月夏休みになります。
古典技法のレッスンのみ夏休みを利用しておこないます。
11日(土)は満席ですが、20(月)と25日(土)に空きがありますので
ご希望のかたは、お問い合わせください。

空っぽの額縁


本来なら額縁は中に何か入ってこその物なのですが・・・
額作りをしているせいか、額そのものに愛着があり、空のまま飾るのも好きです。
花や好きな本,小物と一緒に並べると
空っぽの額がとても良いインテリア
エレメントになります。

まずは、小さいコーナーから
自分だけのお気に入りの
素敵な空間を作ってみませんか?

favorite work

額の展覧会をする時は、全体の6割位の額は空のまま飾り、その他の額には私の好きなものを入れて飾ります。
この額には?こんなものを入れてみたらどうでしょう・・・私なりの提案を毎回します。
そのためどこに行っても、つい額に入れてみたいものを探してしまいます。
この写真のモノトーンの額はmanos gardenの展示会のために作ったのですが、中に入れてみたのは、ヘルシンキの現代美術館キアズマで買ったポストカードです。
そしてmanosのお客様が額に入れたいと持って来られたパウル・クレーのポストカードにもピッタリでした。
最近作った中で気に入っている額のひとつです。
額縁教室でも生徒さんが作りたい額のナンバーワンになりつつある気配・・・。
ポストカードは気軽に額に入れて楽しめる最適なアイテム。
ポストカードが大好きなので、語りだしたら長くなりそう・・・
また次回ブログで

額縁の飾りプレート

シンプルで平らな額縁に金属の飾りプレートを付けると素敵な雰囲気がでます。
もちろん中に入れる作品との兼ね合いが大切ですが・・・
どこにもないような個性的な額縁になり展示会でも人気があるタイプの一つです。
左の写真のイニシャル金具はアンティーク、右は金属作家の濱口恵さんに
依頼して作っていただいたプレートです。